読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主治医にうそ

主治医の前で調子よくおしゃべりをした、明るくおしゃべり

今日は体調が良さそうですね、と主治医

おまけに、心理療法を自分なりに頑張っています、と続けた

 

先週、勧められた心理療法

はじめのうちは、自分の中に、頑張ろう、という気持ちは確かにあった

1週間ほど経ってきて、我慢の限界になってきたのである

簡単な心理療法

自分のいい部分をみつけ、褒めて認めてあげる、まずはここからのスタート

嫌な考えが浮かべば、必死になって頭の中から消す

この作業の繰り返し

 

簡単なようでいて、意外と頭を使うので疲れ果ててしまう

それと、このような作業をどうしても信じきれない自分が居るし、

仕事をしている以上、ストレスも溜まるものなので、このような作業に没頭はできない

 

自分もただの人間

弱音、愚痴、悪口も言いたい時がある

言えばいいじゃん?と思うかもしれないが、言わないのか、言えないのだ

溜め込んでしまう

吐いてしまえばすっきりするだろうにね

 

その心理療法には、そういった類の悪い感情も吐き出していきなさい、という教えがあったが、

これが実践できない

人の評価を気にしてのことだろう

 

どこでも、誰の前でも明るく笑顔で居たい、なんて考えはなく、

自然とそう振る舞う

ってこれもいけないことらしいけれど

 

自分を出していく、

簡単なことなんでしょうね、きっと

 

10年近くの付き合いの主治医の前でも出せないのなら、他人には無理でしょう

 

主治医はずいぶんと喜んでおられましたが、

心の中は申し訳ない気持ちでいっぱいでした