読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱い人間

結局は弱いのです、自分は

甘えたい、頼りたい、これが本音

 

くたくたになって帰宅し、アパートの扉を開ける

誰かに出迎えてもらいたい気持ちがあるのは否めない

プライドが邪魔して、甘えられないし頼ることも出来ない

結局は弱い、自分がかわいいから

他人に甘えることで迷惑をかけることを極端に避けているだけ

 

この2日間、野外での現場

いろんな人たちが集まり、私は顔色をうかがう

 

コミュニケーション能力が高いから助かる、と言われているのは

あくまで自分を守るため

人とコミュニケーション取るのは嫌いではないけれど、

気を使いすぎて、頭痛、胃痛がしてくる

 

誰とでもフランクに話しているように見えるようで、

中には苦手なタイプの人ももちろんいる

自分を押し殺して、相手の気持ちを損ねないように気を抜かない

これも自分を守るためでもあり

顔色うかがいすぎなんですよ、他人の

 

これだけ体力的に疲れ、精神はもっと疲弊し、帰宅すれば愚痴を吐く相手もいない

忙しいから掃除すら出来ない

食事もない

部屋が汚いのは嫌い

気になって仕方がない

食事をとらないから、体重の減少は進む一方

 

身体にも異変は出てきており、鏡でみた身体には発疹

日焼けで焼けたものではないなぞの皮剥け

 

投げ出したいすべて

今日はそんな気分

精神的に追い詰められてしまい、こうして綴るしかない

 

あてにされるのはうれしい

仕事を完遂したことも喜び

しかしながら、精神的疲労はいつもやってくる

 

逃げたくなるでしょ?

いくら自分の選んだ道とは言え、限界はある

もともと、この仕事をやっていてうつ病になったのに、また戻った自分

自己責任ではある

ただ、話が広がり過ぎた

手に負えなくなるほど、仕事の幅が広がっていく

どんどんどんどん、、、

ひっそりとおとなしくやっていきたかったのに

狭い業界

噂はあっという間に広がる

 

頼まれると断れない私はすべてを引き受ける

ほかにも抱えている仕事があるというのに

 

人間関係が面倒で苦手、というのは自分が弱いせいではなかろうか?

しかも、怒りの感情が私は人よ鈍い、

また、怒りは他人には向けられない弱さ

 

むちゃくちゃ腹が立つ時がある

それでも押さえ込んで自分の中にしまう

 

助けてほしい、甘えさせてほしい、頼らせてほしい

本当はこんなにも弱い人間なのです

たぶん、大概の人はそうじゃないかしら?と思っております

 

一部の人間だけですよ、きっと

図太く生きていけるのは

それかなにも考えていない人

 

しかし、たぶんですが、きっと誰しもがなにかしら思いは抱えているとも思います

自分だけが特別ではないのです

 

そうでも思ってなければ、やっていけないわよ