読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたなら

主治医に言われたわ

『あなたならもっと早く回復すると思っていた』と

・・・

すべてを話していないものね、主治医に

どれだけ苦しんできたのか、どんな思いで生きてきたのか

 

なぜ、自分ならもっと早く回復するはずだとおもっていたのでしょうか?と尋ねた

『頭がいいから』と

 

それは関係ないのではないかしら?

学歴で人を判断するのは間違っているわ

世の中に出れば、学歴よりも重視されるものがあって、

結局はその世の中についていけなかった自分がダメなのよ

 

逆なことも言われたわ

『頭が良すぎるから、逆に苦しむのでしょう』とも

先を考えすぎてしまうから苦しいのだと

 

思考の変性が固まらないうちに訓練を、と勧められたわ、また

固まったら、もうおしまいみたいね

まだ、あなたは大丈夫、とも言われましたが、どうでしょうか

 

変性=人格が変わってしまうこと

確かに、そこまで重症ではないわ

統合失調症でもないですし

人格の入れ替わりもありませんし

 

先生の期待を裏切っていたのか、と少し落胆してしまいました

もっと早くなると思っていたのに、、、

なんて言われたら、傷つくのよ

やはり、自分はダメな人間なの?と

 

 

そうそう、心療内科に通うきっかけはね

仕事とプライベートで疲れ切っていた頃、眠れない日々が始まったの

そして、夜な夜な泣く日々が始まった

いろんなことに支障をきたすようになっていたわ、その頃

その頃は自分が病気だなんて思ったことはなかった

ただ、辛いから眠れなかったり、泣いているのだろう、とぐらいにしか考えてなかった

 

で、あまりにも眠れないから病院で働いている知り合いに

睡眠薬ってどこでもらえるの?』と尋ねたの

『内科でもらえるよ』

内科でもらったのが初めての睡眠薬

二週間分ぐらい出されたのかしら

とても効果の弱い睡眠薬よ、今思えば

リスミーあたりじゃないかしら?

2、3日飲んで、眠れたわ

 

ちょうど何かショックなことが起こったのね、その時

自殺っていうものは衝動的なもの、と言うけれど本当にそうだったわ

一気にその日の晩、飲み干したのよね

その頃は薬に対する知識なんて皆無だったから、一気に飲むと死ねると思っていたわ

そのあとのことは覚えてない、

けれど、普通に起きたわね

 

思ったの

このままでは自分は死んでしまう、と

そこから初めて心療内科へ通うようになったの

自殺願望なんてなかったはずだったのに、自分では気づいていないだけで実際はあったのね

それが衝動的に襲ってきて、ODしてしまった

まだ、若い頃だったから生きたいと願ったのかもしれないわね

20代半ばの話し

 

こんなきっかけで通い始めて15年ほど経つ

始めのころは、病気を治そうと努力していたわ、とても

病気になんか負けない、なんてね

 

今は諦めの気持ちが大きいわ

当時より気楽に生きているのにも関わらず

精神薬漬けにされた時点で終わりなの