読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居場所

アパートはただの部屋にしか過ぎない

『居場所』にいつも悩むのです

 

数日前にODしたツケが今日やってきて、寝たきりの一日

数日後から控えている仕事に備えなければという思いから、

特に体力面において、

食べてもいなかったので、無理矢理に食べておき、

鈍っている身体も動かしたい気持ちから、

彼の家の犬の散歩をしてきた

 

遠くはない彼の家

車で10分もかからない、のにも関わらず広がる田園風景

自分のアパート周辺は密集地だというのに

 

秋の風を感じながら、金木犀の香り

稲も刈り取られていた

 

あっという間、時間の流れは

気持ちがよい、心地のよい時間でした

 

しばらく、少しの間家でくつろいでいたけれど、

いけない、ここにいてはいけないと不安が押し寄せる

 

帰るね、と言い残し車に乗り込む瞬間、涙が出る

ここも違うのか、、、と

 

居場所がね、分からないまま、未だに

実家には戻らないし、

そうしたら自分の居場所はどこでしょう

 

それから、あまり彼やらその家族に自分の存在はアピールしない方がよい気もしてね

 

現状、やはり気持ちは消える方向に向いていますので

あまり、人とは関わらないようしなければ

 

仕事が落ち着くのが冬になってから

それまでに気持ちが変化してくれていれば、存在し続けられるのに