読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望感のみ

生きていく自信がない

この先に待っているのは、全て良くないものだとしか捉えられない

 

こういうのを乗り越えて、人間は成長していくのだろうけれど、

随分と自分は臆病になってしまい、不安感、絶望感に支配されている

 

何度も更新するのは、少しでも気をまぎらわせる為

 

今を精一杯生きることが大事、

とよく書かれているが、先の見えない未来は怖いもの

 

現状、どの方向に転んでも幸せなんてないと考えてしまう

待ち受けるのは、

例えば結婚したとする

彼のお母様はパーキンソンを患っている

将来的に寝たきり、介護が必要よね

 

その介護が終われば、多分自分は親の介護が待っている

いくら、離れて暮らしていてもやらざるを得ないだろう

 

 

そして、なにより自分のなかの情熱が消えてしまった

生きる目的を失いかけている

夢の世界に舞い戻って、楽しい日々が続いていた

しかし、そこへの情熱が溢れてこない

 

 

このままいけば、自分はただの奴隷じゃないか

 

クスリへの依存も相変わらずだし、人生終わったも同然

 

強いふりしてきたのが仇となった

 

やはり、自分はなんとかなるさ、なんて考えは持てない

未來を見ない、今を生きるだけの楽観主義にはなれない

 

追い詰められているのが、よく分かる

考え過ぎと人は言うだろう

もっと気楽にと人は言うだろう

 

とても残念なことに、その思考回路がないのよ

 

未練もなしとなると、

申し訳ないけれどやはり、死への願望が増すばかり