読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根性なしの愚痴

不公平な世の中だと嘆いている

これはただ、自分が根性なしなだけ

 

『認知の歪み』

ここにぶちあたっている

いまさらよ

 

ここからは愚痴になってしまうけれど、

人間として産まれてきて、精一杯生きてきたつもり

それなのに

『認知の歪みが、、、』なんて言われたら、

そしてこれを治していくには訓練が、、、なんて言われたら

治るのには何年、何十年とかかるかもしれません、なんて言われたら

やっぱりしんどいよね

 

他の人、ここでは健常者としましょうか、精神的に

健常者だって、人間として産まれて、生きてきて

たぶん、私とそんなに大差なく生きてきたと思うの

なのに、彼らには『認知の歪み』が形成されなかった

 

少しの間、頑張ったわよ、治そうと

自分に言いきかせるのね

『こういう捉え方じゃなくて、もっと客観的に自分を見て違うように捉えよう』

やればやるほどしんどくて、

こんなことを何年も続けなきゃいけないって、おかしな話よ

彼らはしなくてもいいのに、、、

 

なにか自分は悪いことをしましたか?

犯罪なんて犯してもないし、普通に生きてきたつもりよ

こういう怒りって、ぶつけどころがないから困るわ

 

 

『寝る』

こんな当たり前の行為すら、人間としての本能すら出来なくなっているのよ

自分が寝るには薬がまず必要で、

寝る前には瞑想をし脱力状態にもっていって、

寝るためにリラックスした部屋づくりまでして、

ここまでやってもうまく眠れないのに、

人は夜になると勝手に眠くなるから、寝落ちしちゃうよ、なんて軽々しく言って、、、

正直、イラっとしますよ

当たり前のことが当たり前に出来ていることへの感謝なんて感じたことはないのだろうなあ

まあ、これはあくまで自分の勝手な妄想ですが

そして皮肉よ、健常者に対する

 

 

認知の歪みについては、もう訓練なんてしたくないのが正直なところ

訓練して治していけば、もっと楽に生きられるのは分かる

でも、しんどいのよ

訓練自体、しんどいし、

なぜ健常者がやらなくていいことを自分はしなくてはいけないのよ

って、ものすごい被害者意識が芽生えてしまうところも認知の歪みかしらね

それに、もうこんな歳ですし、これから治していくなんて面倒よ

しんどいしね

ほんとうに自分は根性なしよ

前を向けないし、未来は見据えない

 

 

逃げたいわ、すべてから

 

明日は診察ね

死にたいなんてワードを出すと薬を処方してくれなくなるから、言わないわよ

何事もないようにお話をして、薬だけは必要だから

 

合法的なドラッグよね、精神薬なんて

飲み始めたら一生付き合っていくもの

なくてはならないものになる

薬に支配される生活が始まるだけ

 

薬を飲み始めてから15年ほど経っていると思うけれど、

いまさらにながら思うわ

自分には薬ではなくて、心理療法が必要だったのではないかと

 

自分の根底あったのは認知の歪みだったのよ

いまさら、なに?それ?

もっと早くに気づいていれば、なにか変わっていたかもしれないわね

これは薬では治せないものだもの

 

 

そもそも、もう自分の中で認知の歪みを治そうという気がないから

これ以上苦しい思いもしたくないから

よい方向には向かわないわね

 

いつも正面からぶつかってきたけど、時には逃げてもいいんでしょ?

これは逃げさせていただくわ

 

 

普通に、というのは語弊があるかもしれないけれど、

そうね、それでも普通に生きたかった

これからも普通に生きていけるはずもないみたいだし、

ここで諦めるしか思い浮かばない

 

たぶん、これも認知の歪みってやつ?

もう、笑うしかないわ