読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神科医って

先日の診察

『訓練が辛いです』と告げた

やればやるほど、苦しくなって余計にしんどさばかりが増します、と

 

『では、マインドフルネスをしてみましょう』

あのねえ、もうそれはやっていますよ、と心の中で

 『やり方教えるから見てて』

はあ、、、

 

主治医は口で息をしていた

鼻から吸って鼻から吐き出す、呼吸をね

これが正しいやり方よ、と思いつつも見ていた

 

海外の大手企業ではマインドフルネスを取り入れているわね

それから、自分はヨガをやっていたので呼吸法は知っている

主治医の間違った方法には触れずに、一言

 

『呼吸をし、心が落ち着きますよね?

   それからしばらくの間はいいでしょうが、またよくない考えが浮かんできてしまいますが、それはどうしたら?』

 

『とりあえず、変な考えが浮かんだらマインドフルネスをやってください

   一日に何回でも!』

面倒臭そうに答えたわね、あの人

 

あのアップル信者の主治医

すぐに感化されるわね

 

やれることはやっていますし、間違った方法を他の患者さんに伝えないのを祈るばかり

 

 

それから、きちんと規則正しい生活を送ってください、とも

無理よ

夜中は眠れないし、食事を作る気力すらないのだから、

それが病気ってもんでしょ

誰かが世話をしてくれるならまだしも、独りで暮らしていれば無理な話し

 

 

精神科医の仕事は薬を処方するだけの仕事かしら?なんてね

しかし、それに近いものを感じるわ

今まで罹ってきた精神科医はみな、薬の大量処方ばかり

これでもずいぶんと減らしたのよ

 

みな、自分の欲に走っているだけ、楽な方向に流れているだけ